2012年4月1日日曜日

森崎里美さんの裁判と、最高裁への上申書

 

はじめに

私は、性犯罪被害者である森崎里美さんの裁判について、、マスコミなどで何度か報道されたことがあるので、ご存じの方もいらっしゃるでしょう。微力ながら私も支援しております。その一環として、今回のブログ記事では、これまでの経緯に関する簡単な説明と、私が最高裁に提出した上申書とを公開したいと思います。

森崎里美さんの被害とたたかいの経緯

森崎里美さんは、生まれつきの脳性まひで四肢に不随意運動の障がいがあります。子ども2人を育てるシングルマザーでもある里美さんは、その就職困難の中で、ようやく2006年2月に、JR西日本神戸支社に、契約社員として、障がい者雇用枠での採用が決まりました。

(以下、里美さんの裁判を支える会のブログで公開されているパンフレットを要約したものです。詳しくは、こちらからPDFのパンフレットを閲覧ください。http://satomi-heart.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-8a7d.html

2007年11月、里美さんがJRのカニツアーに参加したときのことです。JR西日本は社員にツアー売り上げのノルマを課しているため、このツアーは事実上社員ばかりの社内旅行でした。そのとき、里美さんは直属の上司であるA係長にキスを強要するなどのセクハラ行為を受けた後、「帰るぞ」といわれてタクシーに同乗し、酔った里美さんがうとうとしていると、着いたところはホテルでした。

里美さんは、ホテルに連れ込まれて、無理矢理服を脱がされ、剃刀で身体中の毛を剃られ、朝まで性行為を強要されました。四肢に障害があり、不随意運動があって、かつ頸椎症もあっていつ半身麻痺になるかわからない彼女には、剃刀をもった相手に抵抗することは不可能でした。

その後、どうしてあんなことをしたのかAに問いただそうと電話すると、彼は「なかったことにせいや」と言い、「誰にも言うな、会社に言えば会社に居れんようになるぞ」と脅し、謝ろうともしませんでした。そればかりかAは、繰り返し「誰にも言うな」と口止めをしつつ、「1回
も2回も同じ」と、その後も性交渉の強要をしてきたのです。